ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

ドクターと悪女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、モリーのもとに一本の電話がかかってきた。両親が交通事故に遭い、父は即死、母は重体だという。母の看病をするべく、モリーは故郷に帰る決意をした。十一年前に飛び出したきりの、あの町へ…。そこでモリーを待ち受けていたのは、元恋人ダンとの再会だった。驚くべきことに、ダンはモリーの母の主治医だというのだ。いい加減なプレイボーイだった彼が、町中から尊敬されるお医者様?しかも母の主治医だなんて。モリーの胃がきりきりと痛んだ。ダンは勘のいい男だ。医者とはいえそばにいられては困る。十一年間守り続けた秘密を、彼にだけは知られるわけにいかないのに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スペンサー,キャサリン
三十数年前にイギリスからカナダのバンクーバーに移り住む。英語の教師からロマンス作家に転身。カナダ人の男性と結婚し子供にも恵まれ、現在は孫もいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋する探偵 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父亡きあと、ケイトがひとりが切り盛りしている探偵事務所にある日、ヘンリー・ソウヤーというあやしげな男がやってきた。男の依頼は、行方不明の妻アリシアを捜してほしいというもので、彼女はほかの男のもとへ走り、そこからいなくなったのだという。その男―アレックス・ケラーマンの妻は数年前不審な事故で死亡しており、夫が殺したという噂があった。アリシアも彼にやられたのだとヘンリーは言う。ケイトは不安を感じるが、金払いのいい依頼人を断る気になれず、アレックスの経営する厩舎に事務員として潜入し、捜査を始める。だが成果は上がらない一方、アレックスと話す機会が増え、ケイトはいつしか彼の人柄に惹かれ始めた。彼のような人が奥さんを殺すわけがない。でも、アリシアはどこに。

誓わなかった花婿 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「誓いません」牧師が誓いの言葉を促すなか、花婿のエイダンは無情に宣告した。結婚式の当日、花嫁であるインディアを捨て、彼は去っていった。始まりは、あるパーティ会場で口にされた冗談半分の賭だった。家名だけは立派な貧乏貴族の家に生まれたインディアは、金持ちの夫を見つけてみせると友人に宣言したが、そこに現れたのが、冷酷無比と噂される実業家のエイダンだった。インディアは賭のことも忘れて彼の魅力に圧倒され、結婚を決意する。土壇場で彼が去っていったのは、賭の話を耳にしていたから?そして悪夢に終わった結婚式から一年後、再びエイダンが現れた。彼はインディアの父に多額の金を貸していて、しかもインディアが欲しい気持ちには今も変わりはないという…。

熱い敗北 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ゾーイはドキュメンタリー映画監督として忙しい日々を送っていた。彼女にとって仕事は、何にも代えがたいほど大切なもの。どんな男性であっても、それに代わることはできない。恋に溺れたり、愛に生活を支配されるなんて想像もできなかった。降りしきる雨の夜、あの男とかかわりあうまでは。仕事から車で帰る途中のことだった。窓越しに突然現れた、身なりも汚れた大柄の男性は、車が故障したから、近くまで送ってほしいという。だが、夜ひとりきりの車に、見ず知らずの男性を乗せるつもりはない。タクシー会社に連絡するとだけ約束して、彼女は強引に車を出した。この約束を彼女が思い出すのは、家に帰ってしばらくしてからだった。人生が大きく変わり始めることにも、彼女はまだ気づいていなかった。

罠に落ちた夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「やあ、アンナ」四年ぶりに再会したルチオの声が、アンナの胸をざわめかせ、同時に、あの忌まわしい事件が脳裏によみがえった。彼との挙式を控えたある夜、シャンパンを飲んで意識を失った彼女は、目覚めると、ルチオの弟のベッドにいた。何も覚えていないけれど、弟が撮った証拠写真が残っている。それ以来、激しい罪悪感に苛まれながら生きてきた。そして冷酷に放たれたルチオの言葉で、彼もまたアンナの罪を決して許していないことを知る。「きみには、ぼくのベッドに戻ってもらう」。

内容(「MARC」データベースより)
4年ぶりに再会したルチオ。アンナは胸をざわめかせ、同時に、あの忌まわしい事件が脳裏によみがえった。彼との挙式を控えたある夜、シャンパンを飲んで意識を失った彼女は、目覚めるとルチオの弟のベッドにいたのだ。

三年目の嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アビーは世界をまたにかける報道写真家で、賞も獲得し、その世界で名を馳せつつあった。だが、そんなアビーにも気がかりが一つ―夫グレイとの関係だ。彼は頭の切れる弁護士で、しかもハンサムこの上ない。二人とも、アビーが成功するまでは別々の生活にも耐えるつもりでいた。しかし三年たつと、離れ離れの時間が二人に重くのしかかる。ある日、取材旅行はやめて子供を作ろうと決心して帰国したアビーを、思いがけない事件が襲った―夫に愛人がいる。しかも子供まで。これを世間にばらせば、夫に復讐できる。夫に未来はない。だがアビーはすんでのところで思いとどまった。私が去ればいい。仕事を理由に海外へ逃れたアビー。けれどなぜか彼は追ってきて…。

身分違い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ダイアナは毎日の生活にあきあきしていた。ナイツブリッジの生花店で週数時間働いているが、これは仕事というより金持のお嬢さまの暇つぶしにすぎない。花嫁学校で、レディになるための教育は受けたものの卒業後はパーティにあけくれ遊んでいるだけ…。気分転換に、彼女はポップアートの展覧会に足を運んでみた。「美術なんて呼ぶ価値さえない屑ね」思わず批評してしまう。「とんでもない。これは文化の基本だよ」後ろから太い声がして振り向くと、たくましい体の男が立っていた。黒い髪、意志の強そうな顎―。なんて男っぽくてすてきな人なの。

内容(「MARC」データベースより)
ダイアナは毎日の生活にあきあきしていた。ナイツブリッジの生花店で週数時間働いているが、これは仕事というよりお嬢さまの暇つぶしにすぎない。気分転換に、彼女はポップアートの展覧会に足を運んでみた。そこでたくましい体の男と出会って…。

ひそやかな略奪 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
空が白み始めたころ、ケイトリンは目を閉じたまま、隣に横たわるマシューの胸に頭を預けていた。出会ってまだ日が浅いため、マシューの詳しい素性は知らないけれど、誰かにこんな気持ちを抱いたのは初めてだ。恋人に裏切られて以来、二度と恋はできないと思っていた。でも、彼とならばもしかしたら…。そのときマシューの携帯電話が鳴り、彼が寝ぼけまなこで電話に出た。「リース・モーガンだ」ケイトリンは凍りついた。リース・モーガンですって?聞き覚えのあるその名前が、ケイトリンを奈落の底に突き落とした。

内容(「MARC」データベースより)
「リース・モーガンだ」 寝ぼけて電話に出たマシューの言葉に、ケイトリンは凍りついた。聞き覚えのあるその名前が、彼女を奈落の底に突き落とした。偽名を使ってマシューはわたしに近づいたのだ。大切なものを奪うために…。

愛なきウエディング―地中海の王子たち〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フライト・アテンダントのルーシーはマルディビノ公国のプリンス、グイドと交際していた。世界各地で気ままな逢瀬を重ねるようになってから一年ほどたったある日、初めてグイドのアパートメントに招かれ、マルディビノ公国でおこなわれる彼の甥の洗礼式に招待された。身分が違いすぎると、彼との将来を悲観していただけに、ルーシーの喜びはひとしおだった。もしかして、わたしは愛されているの?だが、彼女の期待とは裏腹に、グイドの誘いにはある企みがあった。

内容(「MARC」データベースより)
ルーシーはマルディビノ公国のプリンス、グイドと交際していた。世界各地で気ままな逢瀬を重ねるようになってから1年ほどたったある日、初めてグイドのアパートメントに招かれ、喜ぶルーシーだったが…。

楽園行き片道切符 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マックスは妹の派遣会社から来る秘書の無能ぶりにいら立っていた。妹の思惑はわかっている―能力ではなく容姿で女性を選び、妻の死以来、仕事に凝り固まってしまった兄の心をほぐそうというのだ。こうして次々と魅力的な秘書が送り込まれてくるが、マックスが求めているのは速記のできる有能な秘書だ。再三の要求に根負けして、妹はジリーという女性を派遣してきた。ジリー・プレスコット、二十一歳、ニューカッスル出身、速記能力は抜群…ただし、地味で、あか抜けない田舎娘。一方、ジリーはロンドンで臨時秘書の職を得たことを喜び、幼なじみのリッチーとの再会をひそかに期待しながら、マックスが待つオフィスへ向かった。持ち前の率直さとユーモアのセンスを頼りに厳しいボスのもとへと。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールディング,リズ
イングランド南部バークシャー生まれ。20歳のときアフリカに渡り、秘書の仕事に就いた。土木技師と結婚し、その後10年間をアフリカと中東で暮らす。夫は激務で、彼の帰宅を待つ長い時間、ものを書いて過ごすうちに作家の道に。現在はイングランドに戻り、ウェールズに住んでいる。夫とのあいだに2人の子供がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ

oooビバ!プリプレスooo -うぐいす谷Guide-ooo 自作PCに挑戦(千葉中心)!ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 使えるフリーメール比較ooo フード、ドリンク.コレクションooo AV・カメラ・PCooo 川は生きているooo ラッキーショッピングooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo 千葉の事。ooo 巣鴨で散策!ooo 100均より安いooo 渋谷ぶらりooo 千葉のちょっといい景色ooo ぎょうざ@千葉ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo 千葉特産!農業!林業!水産!民芸!工芸!加工食品!郷土料理!ooo